FC2ブログ
 

アンネのバラ友の会・新ブログ

7月21日の日記:フェリス女学院大学オープンカレッジーアンネのバラ

西城戸@アンネのバラ友の会です。フェリス女学院大学オープンカレッジ「アンネ・フランクから学ぶー命と平和」12回連続講座の最終回・アンネのバラ・の黒川万千代さんの講座にバラ・の写真展示のサポーターとして参加した。フェリスの校内には、二番花と思われるアンネのバラが咲いていた。添付写真はアンネと同年齢の黒川万千代さんです。

imgb53aecdfzik1zj.jpg


スポンサーサイト

PageTop

7月7日の日記:七夕と東京国際大学シンポ

アンネのバラ友の7月7日の日記です。
07-7-7七夕・盧溝橋事件70年

7月7日は「七夕祭り」でしたが、関東中方は梅雨で
夜空を観る雰囲気ではありませんでした。

7日(土)午後は川越・東京国際大学を久しぶりに訪問。
下羽ゼミ:http://www.tiu.ac.jp/seminar/shitabazemi/main/main.htmlの出版記念・国際シンポジウムに参加しました。
下羽ゼミとは1992年の地球サミットの頃からのつきあいで、
もう15年になります。

シンポテーマは「学生交流が東アジアを変える」ー平和構築
 に向けて

学生交流の実践報告と学生による討論(韓国・中国・台湾・
ドイツ・朝鮮大学校学生と東京国際大学下羽ゼミ生)により、
東アジアの平和構築に向けての学生交流の可能性と交流の
あり方を考え、活発な討論を展開しました。

「盧溝橋事件70年目」の日・07.7.7にこのような
学生企画が実現したことの意義は大きいと思われます。
詳細は下羽ゼミの上記HP等をご覧下さい。

追伸:環境教育を含めて日本の高等教育の新たな地平を
   切り開き続ける下羽ゼミの指導教官下羽先生とおつれ
   あいさんですが、池田香代子さんが応援する写真
   月刊誌(Days Japan)のVol3 No11(2006)号の
   「日本の若者たちが闘った時代」「こんなに似て
   いる私たちー北朝鮮、韓国、中国、そして日本」
   (文:池田香代子)をお見せして、ゼミ生と池田
   さんを繋ぐ試みをしました。その企画は大歓迎さ
   れたのですが、ご夫妻が写真月刊誌Daysをご存じ
   なかったことに、ちょっと驚きました。
   Daysをもっと宣伝しなくては!と考えました。




PageTop