FC2ブログ
 

アンネのバラ友の会・新ブログ

オードリーとアンネとバラのお話を中学校で

20090623221432
20090623221430
20090623221428
アンネのバラ友@バラ日記です。6月20日土曜日の午後に、アンネのバラと平和をテーマに、東京杉並区の中学校で、中学一年生と父母有志を対象に、お話をしました。アンネのバラ栽培で知られる杉並区の高井戸中学で三年前にお話をしたことがありますが、今回は、その高井戸中学からバラと共に転勤したO先生の依頼で、同じ杉並区の松渓中学の土曜日の講演会が実現しました。アンネのバラを導入に、アンネの日記で繋がるアンネ・フランクとオードリー・ヘプハーンの不思議な関係と生き方について、お話しました。添付写真は松渓中学校のアンネのバラのポスターとアンネとオードリーの写真です。オードリーの写真の右手の男性はアンネの父オットー・フランクで、左手の女性はオットーさんの再婚したお連れあいさんです。

スポンサーサイト



PageTop

アンネのいとことの出会い;4年前の6月12日のアンネの誕生日に!

20090618214322
20090618214320
20090618214317
アンネのバラ友@バラ日記です。アンネのバラのおかげで、この10年の間に、数多くの出会い再開のドラマがありました。20日土曜日に東京の中学校で生徒と父母有志に、アンネのバラと平和のお話をすることになり、過去の資料を整理したら、1999年・アンネ生誕70周年のクリスマスイブの友人宛ファックスのコピーが見つかりました。この10年の間に、実にいろいろな出会いのドラマがありました。添付写真は4年前の6月12日アンネの誕生日の岐阜県可児市の県営花フェスタ記念公園のアンネのバラ園記念植樹祭での写真です。アンネ・フランクの唯一のいとこでアンネ・フランク財団会長のベルント・バディ・エリアスさんが、スイス・バーゼルから来日し、6月11日土曜日名古屋での講演会に引き続き、6月12日アンネの誕生日に植樹祭に参加しました。バラ友は、偶然にも、植樹祭でエリアスさんご夫妻と出会い、葉さんのアンネのバラの絵本にサインを貰うことが出来ました。

PageTop

80歳のアンネの写真、東京新聞

20090618203734
20090618203732
アンネのバラ友@バラ日記です。6月12日のアンネの誕生ですが、今年はアンネ生誕80周年です。東京新聞に80歳のアンネの想像写真が掲載されています。英紙デーリー・テレグラフによると、写真を見たアンネの義姉エバ・シュロスさん80歳は、優しそうな表情の女性だと、感想を述べたという。シュロスさんは、オランダ・アムステルダムでアンネと一緒に遊んだ経験があり、アウシュビッツ強制収容所の生き残り。添付写真は東京新聞掲載の80歳のアンネフランクの写真です。

PageTop

アンネ生誕80周年とのバラ友の会:ブログとHP

20090611230240
20090611230237
20090611230235
アンネのバラ友@バラ日記です。明日6月12日はアンネの誕生です。今年はアンネ生誕80周年です。アンネのバラ友の会のブログとHPをご紹介します。友の会の足から丸9年です。ブログ移転:2008/05/17 FC2ブログに移転。 http://fc2roseanne.blog32.fc2.com/ホームページ移転:2009/01/17 http://roseanne.web.fc2.com/
添付写真はアンネの写真とアンネのバラ植物画とバラの二冊の本です。

PageTop

富弘美術館の二つのバラの絵葉書

20090609090652
20090609090650
20090609090648
アンネのバラ友@バラ日記です。新富弘美術館再訪問での新発見です。6日はアンネのバラ解説プレートを美術館に届けました。同日から川崎で開催の詩画展チラシを見て、原画のバラのモデルはアンネのバラではないかと、学芸員のKさんにお尋ねしました。予測通り、アンネのバラでした。川崎で展示されている今回の作品「バラ」(1999年制作『花よりも小さく』掲載)と作品「冬のバラ」(1990年制作『あなたの手のひら』掲載)のどちらもアンネのバラとのこと。美術館の売店で両方の絵葉書を購入。冬のバラの絵葉書はプレゼント用に30枚購入しました。添付写真は冬のバラと絵葉書"逢いたい"収録のバラと川崎市民ミュージアムで6月28日まで開催の星野富弘美術展示ーひと枝の花とはいえーのチラシです。

PageTop

富弘美術館のアンネのバラ、西城戸

20090606153135
20090606153133
20090606153131
20090606153128
20090606153126
皆さん、アンネのバラ友@バラ日記です。電車の群馬県の富弘美術館を訪問しました。アンネのバラの由来解説ミニプレートを、各地のバラ栽培地に配布しています。雨上がりの富弘美術館の庭のアンネのバラは丁度見頃でした。バラと解説プレートの写真などを添付送信します。アンネ生誕80周年記念のバラ友の会作成の解説プレートについては、5月27日の埼玉新聞の平野さんのカラー写真入りの紹介記事がありました。さいたま市カソリック教会や浦和の母の会幼稚園、春日部市立付属看護学院、カフェドルチェや友の会の会員宅のバラにプレートを配布展示し、今日6月6日は群馬県の富弘美術館のバラに解説プレートを持参しました。草木ダムを背景にした美術館の庭の三本のアンネのバラにも、解説プレートを展示していただきました。添付写真はご参考までに。

PageTop