FC2ブログ
 

アンネのバラ友の会・新ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見沼田んぼ案内一2

20090330105923
20090330105921
20090330105919
アンネのバラ友@見沼田んぼガイドツアーです。昨日の見沼田んぼ案内コースは次の通りでした。南与野駅集合9時で、バラ友の車で国道463経由で見沼田んぼへ。大崎ヘルスセンターから東縁代用水を国昌寺へ。お寺の高台から見沼田んぼ西縁や大宮のソニックビルなどを展望する。頭上をゴイサギが飛ぶ。国昌寺の開かずの門の左甚五郎の龍の彫刻を観る。総持院に移動して、県の緑のトラスト第一号地の竹林を観て、総持院橋から東縁代用水で見沼の原風景が最も良く保存されているコースを散策する。用水のカルガモやヒヨドリ、ムクドリ.ヒバリやコブシの花をフィールドスコープで観察。車で東縁から西縁に移動して、氷川女体神社に到着。用水の水面に桜の枝が垂れ下がる。桜は開花直後のこの数日の寒さのためにまだ蕾が多い。あと、一週間後が見頃であろうか。神社からかかし公園経由でまた、東縁用水へ。浦和学院高校を右手に見ながらシラサキ記念公園て旧共立薬科大学の現慶應大学付属薬用植物園を経由して、染谷菖蒲園近くの蔵のカフェで早めの昼食。食後はちょっと贅沢なミニコンザート。作詞のTさん、作曲のOさん、ビアノ
伴奏のYさんのTOYトリオの荒川を新曲披露初公開。蔵のカフェから坂東民家園へ。ちょっと見学するつもりが、コマや竹トンボなど、昔の子どもの遊具で遊ぶ。竹馬を上手に乗りこなす女の子の姉妹に声をかけてる。民家園からシラサキ記念公園に移動して、野田の鷺山の歴史やサギの写真を観賞。再び西縁代用水に移動して、さいたま市浦和博物館で、パナマ運河よりも百数十年前の世界界最古の甲門式運河である見沼通船堀模型などを見学。車で東浦和大牧のO先生宅に移動して、荒川の曲演奏後に、教育とアートや見沼田んぼ談義を約1時間半。東浦和駅で午後5時頃に解散。ミニコンサート二回を含めた、ちょっと贅沢な見沼田んぼツアーの1日でした。添付写真は二回のミニコンサートと西縁代用水の桜です。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。